診療内容

去勢・避妊

CASTRATION CONTRACEPTION

当院では犬・猫の去勢・避妊手術を行なっております。
去勢手術とは、陰嚢にある雄の精巣を取り出す外科手術になります。
避妊手術とは、腹腔内にある卵巣、子宮を摘出する外科手術のことで、当院では主に卵巣摘出を行なっております。
※年齢や状態によっては、子宮卵巣摘出を行う場合もございます。

【目的 メリットとデメリット】
去勢・避妊手術の目的として、主に生殖器に関わる病気のリスクを少なくすることによる健康状態の維持、マーキングなどの問題の解決が挙げられます。特に病気のリスクに関して、男の子では前立腺肥大や会陰ヘルニア、精巣腫瘍、女の子では子宮蓄膿症や乳腺腫瘍などのリスクを大きく低下させることが出来ます。また男の子では性ホルモンの影響からくるマーキングやスプレー行動や攻撃性の低下、女の子では発情に伴う体調変化の安定などの日常の問題行動の解決になる可能性があります。デメリットとしては麻酔管理体のホルモンバランスの変化により肥満傾向になると言われていますが、当院ではしっかりと術後の体型維持やフード相談も対応しておりますので、こちらも是非ご活用頂ければと思います。

【事前の身体検査/ 術前検査】
犬・猫の品種や年齢、成長状態によって身体の状態は変わってきます。また、事前の身体検査を行うことで乳歯遺残(乳歯が取れずに残ってしまうこと)や停留精巣(発育しても陰嚢に精巣が降りて来ず、お腹の中に精巣があること)などの発見を行い、当日の手術方法の提案をさせて頂きます。一度ご来院して頂き身体検査を行った上で、飼い主様と手術の方法や日程をご相談させて頂きます。
手術当日、当院では手術の事故を防ぐために、事前に身体検査、血液検査、レントゲン検査、超音波検査を行い、身体の状態をしっかりと確認して獣医師の判断の元に手術を行います。事前の検査で以上が見つかった場合には治療の提案や手術の延期のご連絡をさせて頂きます。

【手術の日程、当日の流れ】
基本的には去勢手術は日帰り、避妊手術は一泊二日の入院になります。
手術当日は朝8:00-9:00の間にご来院頂き、お預かりして午前中に術前検査を行います。術前検査で何か異常が見つかりましたら、お電話にて連絡させて頂き当日の手術を見送る場合がございます。異常がなく健康上問題ないと判断した場合にはお昼に手術を行います。手術後に麻酔から覚めて体調を確認しつつ問題なければ、去勢手術の場合は午後19時以降、避妊手術の場合は翌日のお迎えになります。抜糸等が必要な手術の場合(犬の避妊去勢手術、猫の避妊手術)は再診の日程を1-2週間後に設定し、当日に傷の状態などを確認し抜糸を行います。



一緒に健康に長生きするためにも必要な去勢・避妊手術をご検討してみてはいかがでしょうか?
まずはお気軽にご相談にいらして頂ければと思います。

P's-first ほっとサポート割引
当院はP's-firstでどうぶつをお迎えされた方を対象にしたほっとサポートの提携動物病院です。
避妊・去勢手術にかかる料金から15,000円を割引致します。
必ずチケット原本をお持ちいただき、診察前に受付でお渡しください。
(発行日から6か月以内に限り使用可)
https://pfirst.jp/Static/support/#support02

手術

去勢手術(男の子向け)

体重(kg)料金(税込)
~7¥43,780
7.1~20¥54,780
-¥43,780

避妊手術(女の子向け)

体重(kg)料金(税込)
~7¥54,780
7.1~20¥65,780
-¥54,780