カテゴリー:暮らし

キレイなユリは恐怖のお花?②

更新日:WEBデザイナー/植物記事執筆一戸 佳奈

花束などにもよく入っているユリですが、実はねこにとっては猛毒であることをご存知でしょうか?2回目となる今回はそんなユリ科植物の見分け方についてお話ししようと思います。
ユリ科の植物の葉っぱをよく見ていただくと、葉脈が縦にスッと入った平行脈で、形がすらっと細長いものが多いです。
ですが花束になっていて葉っぱなんて見当たりません…という場合もありますよね。テッポウユリやチューリップなど花束によく使われるものだけでも覚えておきましょう。

気を付けたいユリ科品種

【名前でわかりやすいもの】
・ヤマユリ
・オトメユリ
・スカシユリ
・オニユリ
・カノコユリ
・テッポウユリ

【園芸品種】
・ムスカリ
・チューリップ
・ヘメロカリス
・アマドコロ
・ドイツスズラン
・チオノドクサ
・ヒヤシンス
・アリウム・モーリー
・アリウム・ギガンチウム
・ハナニラ
・シラー・カンパニュラータ
・シラー・ペルビアナ
・オーニソガラム・シルソイデス
・オーニソガラム・オンベラータム
・カサブランカ
・グロリオサ・ロスチャイルディアナ

【野草】
・ヒメカンゾウ
・クロユリ
・バイモ

ここに書いてある植物以外にも危険な植物はたくさんあります。記載がないからと安易にねこの側に置くことはしないようにしましょう。

一戸 佳奈

【著書プロフィール】

一戸 佳奈