カテゴリー:暮らし

おうちで事故が起きるその前に③

更新日:獣医師長谷川 諒

日々の生活の中では思いもよらない場所が、ねこにとっては危険が潜んでいることも、知らず知らずのうちに放置していると思わぬ事故に繋がってしまうこともあります。悲しい事故を防ぐために気をつけるポイントをお話しします!

調理を行う場所であるキッチンには言わずもがな危険がいっぱい。
火の危険はもちろん、鍋をひっくり返して全身やけどなどを引き起こす可能性もあります。またキッチンには刃物がたくさんあり何かの拍子に落下し怪我をする危険も。キッチンでの事故を防ぐには調理の際には少しも目を離さないようするだけではなく、できればねこがキッチン自体に入れない工夫をした方が留守中にも安心ですね。
また、「ねこが食べてはいけないもの」を調理する際には落してしまった瞬間に興味本位から食べてしまうコもいるので特に注意しましょう。

誤食について

長谷川 諒

【著書プロフィール】

長谷川 諒