カテゴリー:健康

ねこと寿命のこと

更新日:獣医師長谷川 諒

動物と一緒に暮らす上でどうしても考えなくてはいけない寿命のこと。近年の獣医療の進歩もあり年々、ねこの寿命は延びてきているとはいえヒトと比べると短いものです。今回はそんなねこの寿命についてお話しします。

ねこの寿命
かつてまだ飼いねこの多くが屋外飼育だった頃と比べるとねこの寿命は飛躍的に延びています。そこにはねこは「部屋の中で飼うもの」ということが当たり前になったことが大きな要因の1つと言われています。屋外では事故に遭う危険が常にあるだけでなく、様々な感染症にかかるリスクもあり屋内よりも圧倒的に降りかかる危険がたくさんあります。
また、もう1つの要因として獣医療の進歩と適切な医療を受けさせてあげたいという飼い主さんの気持ちの変化もあるようです。ワクチン接種が当たり前になり、調子が悪そうであれば動物病院に相談をする、こういったねこを取り巻く社会の変化が猫生を大きく変えてきたのですね。

では、飼いねこの平均寿命はいったい何歳ぐらいなのでしょうか?

答えは約15歳で以降も年々延びる傾向にあります。(2020年)

2000年に入るまでは平均寿命が10歳にも満たなかったことを考えると大きな進歩です。これからもどんどんと延びて、多くのねこがより長く幸せな生活を送ることができるようになって欲しいですね。

長谷川 諒

【著書プロフィール】

長谷川 諒