カテゴリー:暮らし

猛毒ユリから守るには

更新日:WEBデザイナー/植物記事執筆一戸 佳奈

ユリはその植物全体がねこにとって有毒です。
葉、茎、花、球根はもちろんのこと、花粉も有毒成分を含みます。さらに驚くことに、この有毒成分が水に溶けやすい性質であることからユリを生けた水までもねこちゃんにとっては有毒になります。

花が咲いた状態で販売される切り花のユリはすでに花粉が処理されているものが多いですが、まだ咲いていないつぼみの状態で売られているものや、鉢植えや地植えの場合、花粉はそのまま残っています。こういったものから花粉を衣服に着けて家へ持ち帰ってしまうとねこが舐めてしまうかもしれません。
ユリは少しの花粉でさえも危険なので、ユリに近づいたり触れたりした後は、ねこと触れ合う前に手を洗ったり、着替えるなどねこをユリ花粉に接触させないために気をつけてあげましょう。

また、おせちなどのお料理に使われることも多い“ ユリ根” 、実はこれユリ科植物の球根なんです。もちろんこれも有毒なのでねこが誤って口にすることがないよう調理に際は十分気をつけましょう。

一戸 佳奈

【著書プロフィール】

一戸 佳奈